キャッシングを利用する際に押さえておきたい審査のポイント

cashing_sinsa5

急な収入でお金が足りない、けれど借りられる親族や友人も見当たらないという場合ありますよね。

そのような場合に頼りになるのがキャッシングです。最近では正社員の方だけでなくアルバイトや派遣社員の方でも昔と比べると幾分も借り入れがしやすくなりました。

しかし当然全員が必ずキャッシングが利用できるわけではなく、借り入れを行う際は審査が必要です。

ここではどうしてもお金が必要な時、審査を難なく通過するためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まずはじめに収入があるかないかがポイントになります。勤務先や勤務形態も大切となりますがここで特に重要なのが一定額の収入を定期的に得られているか、という事です。

そして仕事面で大切なもうひとつのポイントが勤続年数です。正社員やアルバイト、派遣社員、どの雇用形態にも言える事ですが一定期間しっかりと働いていることが重要となります。例え年収が数百万とある方でも職場を二カ月や三カ月で転々としている方ですと安定して収入があるとは認められない場合があります。決して収入がたくさんあるからといって必ずしも借り入れができるかといえばそうではありません。

次に大切なのが信用情報についてです。

初めてキャッシングを行う方は「今まで借り入れを行った事がないのだから審査に有利なのでは?」と思われているかもしれませんが審査においてはそうではありません。

例えば初めてキャッシングを利用する方でも携帯料金やクレジットカードの支払いなどを滞納してしまった事がある場合は信用情報的に不利になってしまいます。一度でも滞納があった場合、消費者金融などのデータベースにその記録が残ってしまう場合がありますのでこれは日頃から遅延がないよう気をつける必要があります。

また逆に今までキャッシングを利用した方でも返済遅延を一度も行っていなければ再度キャッシングを利用できる可能性が高くなりますのでこちらも返済遅延を行わないように気を付けましょう。

借り入れを行いたい消費者金融によっては審査も微妙に異なる場合がありますが、上記二点についてはどこの消費者金融でも重視されるポイントですのでしっかり押さえたうえでキャッシングの申し込みを行うとよいでしょう。

キャッシング審査時にやってはいけないNGポイントとは

キャッシング審査では収入や他社からの借り入れを中心に審査が行われます。給与など定期的な収入があり、他社からの借り入れも多すぎなければ審査には合格できますが、それとは別にいくつかのNGポイントが存在します。これらに該当してしまうと、いくら収入などの条件を満たしていても審査落ちにされてしまう場合があります。キャッシング審査において気をつけなければいけないNGポイントは次の3つです。

いくつものキャッシングに同時に申し込む

これは有名なNGポイント。複数のキャッシングに同時に申し込むとブラックリスト入りしてしまうと一般的に言われているものです。実際にはブラックリストではなく、複数申し込みをしたことが審査をする側にわかってしまい審査落ちになるというもの。いくつものキャッシングをつまもうとしている人は、審査をする側にとってはお金に困っている人という印象を受けます。申し込む側は軽い気持ちで申し込んでいるのですが、審査をする側にとっては限りなく怪しい人物と映ってしまいます。キャッシングへの申し込みは1社ずつ行うのが無難です。

クレジットカードの支払いを延滞している

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠というものがあり、このふたつは別枠の扱いになります。ただ、延滞に関して両者は同じ扱い、つまり買い物の支払いを延滞していた場合、キャッシングの審査に悪い影響が出ます。金額や延滞期間にもよりますが、長期間の延滞やそれによってカードを利用停止にされた経験があるとキャッシング審査で落ちる原因になることがあります。申し込みをする前に延滞はないかきちんとチェックをしておきましょう。

いい加減な情報を入力する

割と多いのが間違った情報を入力することによる審査落ち。キャッシングの申し込みでは、かなり細かいことまで情報入力を求められます。アンケートなどと同じ気持ちで軽く答えてしまい、あとで提出した書類と情報が食い違っていた場合、よくて情報の訂正や書類の再提出、最悪の場合は審査落ちになります。住所や電話番号のミスはもちろん、勤務先の情報や勤続年数なども正しい数字を入力するように心がけましょう。

属性スコアリングを高めて審査に臨もう

cashing_sinsa127

キャッシングを利用したいと思っても、実際に利用できるのは申し込んで審査に通ってからになります。もしも審査に通らなかったら、残念ながら利用できないのです。そんなキャッシング審査においては、通るかどうかは申し込む人の属性が大きくものを言います。

属性とは個人情報の一種のことですが、キャッシング審査においては、その人の経済力と信用力を推し量るための情報だけが必要とされます。ですから、年齢や年収、勤務先の企業規模や勤続年数、自宅は賃貸か持ち家か、住居年数、携帯電話などの公共料金は滞納していないか、他社からの借り入れ件数と借金の総額、過去に金融事故を起こしていないか、などをチェックされるのです。

そして、その属性を得点化したものが、属性スコアリングと呼ばれるものです。その得点が高い人ほど審査に通る可能性は高くなり、逆に低い人ほど審査落ちの危険が高くなってしまうのです。ですから、「自分は何としてでも審査に通りたい」と強く願う人ほど、属性スコアリングで1点でも高い得点が得られるように、日頃からコツコツと努力すべきなのです。

幾つか具体例を挙げると、不安定なバイト暮らしよりも正社員として就職したり、頻繁に転職するよりも一つの会社で長く働いたり、引っ越しばかりするよりも一カ所に腰を落ち着けて長く暮らすなど、できることから始めると良いのです。

また、公共料金を毎月きちんと支払い続けることも、他社からの借り入れは一日でも早く完済しておくことも重要です。それに金融機関とのトラブルは絶対に起こさないようにすべきです。もしも返済トラブルなどの金融事故を起こしてしまったら、それだけで審査には大きなマイナスとなってしまいます。ゆえに金融事故だけは起こさないようにしましょう。

ただし、属性スコアリングを高めるためには相応の期間が必要です。一定の期間、努力を継続することで得点は徐々に高まるのです。魔法のように一瞬にして属性が高くなるような方法はありませんので、その点は承知しておきましょう。